2章 王都の盾 9話 ハイルング村・10話 ブロカーデ平原のストーリー考察&感想

アミーラとマイネ、王都、護界憲章について

9話 ハイルング村 ストーリー

アミーラことシバの女王

幻獣を倒しながら王都に向かうソロモン一行、襲われていた街道でキャラバンの男たちを救う
一行はハイルング村に立ち寄り、そこでソロモンは気の強そうな女の子(アミーラ)に出会う
さらに廃坑で怪物を見たという少年の話も聞く
アミーラはソロモンに廃坑を確かめるよう提案する

廃坑で幻獣を蹴散らすが、様子がいつもと違うため他の廃坑も調査することに
戻ったソロモンは調査の結果をアミーラに話す
おとなしい幻獣の目的は王都を取り囲むため?
そして狙いは王都のフォトンではなく「護界憲章」なのか?

マイネ

マイネが登場

手作りで過去にアミーラが持っていたぬいぐるみを再現できちゃう器用な子。

クマのぬいぐるみの名前はアンジュ。

王都

巨大な都市の人口を支えられる豊富なフォトンの産出地でもある。幻獣も寄ってくるが、王都の盾であるシバの女王に守られている世界最大の防御力を持つ都市。

さらにヴァイガルドで最も古く、神話に遡るほど歴史のある都市でもある。

感想

いよいよ2章 王都の盾がスタート!

さっそく怪しい動きしてますねえ、幻獣たち。こっそり王都を包囲しているとして、その狙いは何なのか。

そして王都にあるという「護界憲章」とは一体?ソロモンとシバの女王ことアミーラとの出会いも描かれた重要な章でした。

いきなり噛み合わない二人もなんだか微笑ましい…物語が動き出してきた感ありますね!

【攻略記事】2章-9 新たなる動き ハイルング村にてヘイトストーカーを攻略

10話 ブロカーデ平原 ストーリー

王都に向かう一行だがキャラバンの男の話から城門が閉じられたことを知る
王都側は危険を察知し、周囲の住民に避難を呼びかけていた
ソロモン一行は王都周囲の幻獣たちを倒して戦力をアピールすることに

秘密の地下通路を使うことに

アミーラとマイネも王都周辺まで来たが入れないため、秘密の地下道へ
ソロモンは幻獣から発せられるフォトンが希薄であることに気づく
ソロモンがフォトンの圧縮を試みたその時、平原に居たアミーラの指輪が共鳴する

地下道に迷い込んだ一行は騎士団の遺体を発見、避難民と共に地下道に入ることに
アミーラと遭遇、フォトンをため込んだソロモンの指輪が暴走してしまう

護界憲章とは

かつて遠い昔にメギドラルとハルマニアが共同で作成した休戦協定の書。

ブネたちも実物を見たことがなく、ガブリエルなどハルマも口にしない。

希薄なフォトン

普通のフォトンが水ならブロカーデ平原の幻獣たちが放つフォトンは水蒸気のような状態。

ソロモンは圧縮することを試みるものの、失敗。

感想

アミーラや王都は動きが統制されていて手を打つのが早いですね。そのせいでアミーラ自身も王都に正面から入れなくなっちゃってますが…

秘密の地下道が幻獣に見つかってしまったため、王都がさらなるピンチに…って時に暴走しちゃうソロモンの指輪。うーん、目が離せません。

さらに「護界憲章」という重要なキーワードが出てきました!メギドラルとハルマニアの休戦協定…今後のストーリーに大きく絡んでくるのでしっかりチェックしとかないとですね(^ω^)

【攻略記事】2章-10 最悪の再会 ブロカーデ平原にてストームライダーを攻略

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク