6章 ヴァイガルド防衛線 56話 フォルン街道 後半のストーリーまとめ&感想

ムルムルとレイデン、アムドゥスキアスの想い、アドラメレクとの決着

街にて
フォカロルを助けるために逃げるカスピエル
そこに尽くしてくれる女が現れる
カスピエルが王都で世話をさせている女の一人だった
潜伏メギドに追いつかれてしまうが、グラシャラボラスが不意打ちを食らわせる
尽くしてくれる女は騎士団に報告へ

フォカロルはカスピエルの束縛を利用する手を提案する
使用に必要なフォトンは遺物であるポータルの鍵で賄う

グラシャラボラスが時間稼ぎ

時間を稼ぐグラシャラボラス
カスピエルはヴィータ体である以上、倒す方法はあると言う
潜伏メギドはそれを聞いて疑似メギド体に変身しようとする
その隙に束縛するカスピエル、とどめを刺すフォカロル
三人はコラフ・ラメルに向かう

荒野にて
召喚する一人目の仲間を誰にするか考えるソロモン
状況を伝えることができ、連携を取れる仲間
勘で誰かを呼ぼうとした時、指輪が光りだす
誰かが向こうからソロモンに呼びかけている

街にて
敵メギドと交戦中のムルムル
ポータルから引き離し、仲間を逃がすことを目的として戦う
メギドはいきなり広場へ駆け出し、人々を襲う
ハルマを呼び出してハルマゲドンを起こすという
失脚したハルマゲドン派は大いなるバビロン計画を手伝わされていた
ムルムルが戦わざるを得ない状況を作る敵メギド

敵メギドいわく…
ヴィータを襲っても護界憲章は発動しない
メギドの力をそのまま使うのではなく、空気の圧力を作ってぶつける
間接的に攻撃することにより護界憲章の影響から逃れている
星はアンチャーターが倒された証拠

窮地のムルムルの前にレイデンが立ちはだかり、攻撃からかばう
レイデンは自分の命をフォトンとして使って欲しいとムルムルに頼む
カマエルも駆けつけ、敵メギドと交戦
フォトンを帯びたムルムルはメギドの力を使って戦う
メギド体にも変身し、敵メギドを撃破

回想…

アムドゥスキアスの想い

記憶がないとソロモンに話すアムドゥスキアス
メギドだったことは思い出せるが、何をしていたかはわからない
一同のやり取りを見て笑うアムドゥスキアス
その時、ソロモンの指輪が光る
召喚されたということは心が繋がったこと
温かい心を向けた時、指輪は光って反応する
…ここまで

コラフ・ラメルにて
アンドラスの治療を受け、目を覚ますアムドゥスキアス
潜伏メギドたちを逃していつまた襲われるかわからない、という状況を避けるため、打って出ることを提案するマルファス
アドラメレクは実行するのが得意ではないと推測
コラフ・ラメルを飛び出すアムドゥスキアス

アドラメレクと副官メギドの元にアムドゥスキアスが駆け寄る
追いかけてくるマルファスたち
アンドレアルフスも救援に駆けつける
ソロモンの元に行きたいと願いながらアドラメレクにしがみつくアムドゥスキアス
心の叫びはソロモンに届き、その場から二人が消える

荒野にて
ソロモンの元に召喚されたアムドゥスキアスとアドラメレク
なぜ最初から正々堂々と勝負を仕掛けなかったのか問うソロモン
アドラメレクは改造メギド体に変身する
無様な姿を晒さずに戦果を上げる方法を取っていた
戦闘へ

街にて
アドラメレクが召喚されたことに気づく副官メギド
駆けつけるアガリアレプトとティアマト、カスピエル、フォカロルにグラシャラボラス、ムルムル

荒野にて
マルファスを召喚するソロモン、報告を受ける
アジトには人的損失は無し
シバ女王の支援を受けている
ポータルは復旧作業中
ポータルが直り次第、バティンを召喚し、治療に当たることに

今回の功労者はみんなだと語るソロモン

感想

涙なくしては読めない56話…。アムドゥスキアスの回想、からのアドラメレクと一緒に召喚、そして決戦という流れも熱すぎる!

いつもよりフォトンを操作する指に力が入った一戦でした!これからソロモンの元でアムドゥスキアスがもっと笑ってくれるといいな(^^)

今回、指輪を通じたソロモンとの心の繋がりが描写されたのも嬉しいですね。単に使役するわけじゃなく、仲間として繋がっている感覚があります。

ムルムルとレイデンが共に戦うシーンも熱い。目の前で騎士があっけなく殺されたのを目の当たりにしたのですから、一度逃げるのも仕方ないですよね。

それなのにムルムルをかばって命を落としたレイデン。男やで…!ボックスティッシュを脇に用意して読み進めてました。

一旦の収束を見せた今回の件ですが活かすべきポイントがたくさんありましたね。

分断されるとフォトンを供給できなかったり、アンチャーターが稼働するとまわりからフォトンが無くなってしまったり。

追放メギドたちにとって生命線でもあるフォトンをいかに確保するのかが重要。この辺り、バトルシステムとも自然にリンクされているのがまた素晴らしい。

アンドレアルフスのように備えておくことが大事ですな(^^)5章までと違い、多くのメギドたちが自身の持ち味を活かして戦う様に惹かれました!

ストーリーもどんどん面白くなってるなぁ、メギド72!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク