ベヒモスの性能・特徴まとめ

ヴィータ形態と獣形態を切り替えできる連撃が強みのアタッカー

ベヒモスにできること

メギド72 ベヒモス

・特性で自身にアタック追加
・3連撃&獣形態へ変化
・2T自身の攻撃40%アップ&ターン終了時に回復
・2T自身に固定追加ダメージ&アタック追加
・4連撃&スキル追加

ステータス

1350というずば抜けた攻撃力が売りですね。HPも7450と並程度にはあり、素早さも499と低くありません。

ただ、防御力は273と最低クラスなので盾役でカバーはしておきたいところ。

相性の良いメギド

強みであるアタックの連撃をどれだけ活かせるかがポイント。

固定追加ダメージを付与できるアスタロトアンドレアルフス、ウァレフォルやリリムRなど。

さらにアタックを強化しつつ攻撃力もアップできるフォラスも好相性。

素早さを補うためにマスエフェクトで素早さをアップできるオセ、アガリアレプトRも良いですね。

幻獣からメギドへ

ベヒモスは進化した姿なのか

イベント「暴走少女と一つ目幻獣の島」のプロローグでベヒモスの進化について語られています。

幻獣からプーパ、そしてメギドに進化した稀有な存在。

PvPでのベヒモス

戦闘開始時に覚醒ゲージを+1できるという速効型のマスエフェクトが魅力。

敵が動く前に奥義で大ダメージを与えていくことができる、ラッシュらしい活躍ぶりですね。ただし、ザガンのような連撃に強い盾役は苦手。

ピックアップ例

「ワンパク番長大暴れ!」

激★魔宴召喚「ワンパク番長大暴れ!」でピックアップされました。

性能まとめ

特性
獣形態のとき、行動開始時、自身にアタックが追加される

スキル+
ヴィータ形態時
敵単体に攻撃力0.8倍の3連続ダメージ。さらに獣形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する。
獣形態時
敵単体に攻撃力0.8倍の3連続ダメージ。さらにヴィータ形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する。

覚醒+
ヴィータ形態
2ターンの間、自身の攻撃力を40%上昇させ、さらに、ターン終了時にHPが20%回復する。
獣形態
2ターンの間、自身の攻撃にLv×10の固定追加ダメージを付与する。さらにアタックを追加する。

奥義+
敵単体に攻撃力1.2倍の4連続ダメージさらにスキルを追加する

スポンサーリンク









シェアする

フォローする

スポンサーリンク