暴走少女と一つ目幻獣の島 NO.2:ネグラで三兄弟と決戦、キマリスが仲間に

サイクロプスたち、バルバリッサ、それぞれの狙いが交錯する後半の物語

【ストーリー前半】とプーパ、バルバリッサの企み、オルクス島と謎の少女

ストーリーまとめ

キマリスとネグラへ

キマリスの話では皮を剥がされた人は他にも多数いるとのことだった
目的を探り、人々を救うためにソロモンはサイクロプスのネグラに向かう
森の中で土で作られたサイクロプス ルケの像を発見、破壊するキマリス
像を作った島民の親子はキマリスを非難する
像の出来栄えを確認しにきたルケは像が破壊されたことに怒り、戦闘へ

キマリスは像を作った島民の親子を近くの村まで避難させる
しかし島民はサイクロプスは「呪われ子」のキマリスが呼び寄せたと責める
そこに駆けつけるソロモン

キマリスは生まれた島が幻獣に襲われたため、両親が小舟で避難させた
しかし使う言葉が「呪い島」のものだったため、たどり着いた島でも差別されてしまう
そんな時キマリスを守ってくれたのがオンジだった
自分と一緒に来るよう提案するソロモン、しかし一度逃げた自分は一緒に戦えないと断られる

キマリスは皮がオンジの背中に戻ることはないと知っていた
しかし生まれた島には「体の一部を奪われたら永遠に奴隷になる」という言い伝えがあったため、オンジのために皮を取り戻していた

女性を保護するバルバトス

ネグラに向かうソロモン一行は森の中で逃げてきた女性を保護する
バルバトスは近くの村に女性を送り、森で一行と合流する
サイクロプスのドネと戦闘、仕留め損ない、オンジの皮を奪われてしまう

一行はネグラに到着、幻獣に襲われていた島民をキマリスが救う
ソロモンは島民にキマリスへ少しでも感謝するよう頼む

サイクロプスたちは土で作った像に皮を張り付けていた
※ヴィータ体になるための「服」を作っている
三兄弟と戦闘へ、しかし連戦で体力が残っていない一行は窮地に立たされる…フリをする
ソロモンは指輪でキマリスが持つメギドの力を呼び起こす

メギド体になったキマリス

三兄弟を倒した一行はオンジの元へ
しかしオンジは昨晩息を引き取っていた
キマリスはソロモンと共に戦うことを決意する

キマリスとウェパル

一行から離れた場所で独り悲しむキマリス
そっと後を追ってきたウェパルは好きなだけ泣くよう話す

バルバリッサの狙い

サイクロプスたちには「メギドになりたかったらヴィータ体になれるようにならなくてはならない」と無理難題を伝えて時間稼ぎをしていた。

だから三兄弟は像を作らせて、そこに皮を張り付けることでヴィータ体を作ろうとしていたんですね。

バルバリッサの企み

メギドは「悪魔」と伝承されることもあって、やり口がエグいですね( ³ω³ )

感想

なんともやりきれないお話でした。サイクロプス三兄弟はやってることは酷いのですが、純粋にメギドになりたかったってことなんですよね。

そしてその気持をバルバリッサが悪用していた、という。

バルバリッサはサイクロプスたちを、サイクロプスたちはヴィータである島民を見下しているという構図。

重たい話だったぜ…しかし現実もこんな感じなのかも。

キマリスにはソロモンの元で大いに暴れて欲しいですね!キマリスが自分らしく生きられることをオンジも願っていたはず。

よっしゃレベル上げ&進化頑張るぞ。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク