オロバスの性能・特徴まとめ

束縛や呪い、覚醒ゲージの減少など妨害が得意なスナイパー

オロバスの特徴

メギド72 オロバス

戦闘不能時に敵全体にダメージ
2T束縛状態の付与
80%の確率で2T呪い状態付与
単体へのダメージ&覚醒ゲージ-2

ステータス

HP8990とかなり高めで、防御力も483と低くありませんので耐久性能は良好。

攻撃力も1207と高水準ですが、素早さは284と非常に低く、先手を取りつつ妨害するのは難しいですね。

PvPでのオロバス

2ターンの間、味方単体の攻撃力を30%上昇できるSSRオーブ ハイドンを装備して、自身が倒れた時のダメージを引き上げる戦法が恐ろしい。

ハイドンの特性には戦闘不能時、一度だけ最大HPの1%で蘇生するという効果もあるのでオロバスの戦い方にぴったり。特性を2回発動させることも可能です。

相性の良いメギド

オロバスといえば戦闘不能時のダメージが特長なので、そこを活かすなら復活できるメギドがイイですね。フェニックスやユフィール、ベレトなど。

ピックアップ例

「大樹ユグドラシル討伐戦線」

「大樹ユグドラシル討伐戦線」にてピックアップ。

その他の対象はウヴァル・アスタロト・プルソン・ビフロンス・デカラビア。

基礎性能

特性
戦闘不能時、敵全体に攻撃力の1.5倍のダメージ

スキル+
敵単体に攻撃力1.25倍のダメージ。さらに2ターンの間、敵を束縛状態にする。

覚醒+
敵横一列に攻撃力1.25倍のダメージ。さらに80%の確率で、2ターンの間、敵を呪い状態にする。

奥義+:覚醒ゲージ2
敵単体に攻撃力2.25倍のダメージ。さらに覚醒ゲージを-2する。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク